プロペラシャフト

プロペラシャフトについて書いてきます車のエンジンにはプロペラシャフトというものがあります。長さはどれほどなのでしょうか。約1.5メートルぐらいあります。太さは野球のバットくらいと考えることができます。このプロペラシャフトですが、1トン~2トンもあるような車を動かすための回転力がかかりますから当然丈夫なものでなければなりません。もしこのプロペラシャフトが切れたならば、車は当然走ることはできません。プロペラシャフトは、中が空洞のパイプ状になっています。このプロペラシャフトは、車の走行中数千回転で回り、タイヤが跳ねれば振動するので、長いままだと振動やねじれが大きくなって破損しやすいということができます。そこで、途中にジョイントつけて、2分割や3分割としてシャフト部分を短くすることによって強度を高めています。このプロペラシャフトは一度回転の勢いがつくとその勢いが止まりにくいというそういう現象を起こすことがあります。そのためにプロペラシャフトは軽い方が良いということができます。車買取は札幌